歯を失ってしまったら|伏見区で歯科・歯医者をお探しの方は伏見リーフ歯科クリニックまで

歯を失ってしまったら、
早めに義歯で補いましょう

歯を失ったらそのままにしてしまっていませんか?
歯を失ったままにすると、歯列のバランスを大きく乱し、口腔環境を悪化させる原因になります。
失った場所には両隣の歯が倒れ込むことで咬み合う歯が伸び、咬む刺激が顎の骨に伝わりにくくなるため、顎が急速に痩せてくるのです。
これらが重なると、歯列の崩壊につながるのも時間の問題。
残っている健康な歯を守るためにも、歯を失ってしまったら、ご自身の症状に最適な義歯で補うことが大切です。

選択できる治療

The type of treatment

01入れ歯

イメージ画像

「入れ歯」とは、失った歯を補う、取り外し可能な人工の歯のことです。ひと言で「入れ歯」といっても、様々なタイプがあり、欠損した歯の数や場所などによって適した入れ歯があります。
大きく分けると「総入れ歯(総義歯)」と「部分入れ歯(部分義歯)」の2種類に分類できます。

保険の入れ歯と自由診療の入れ歯の特徴
  • 保険の入れ歯イメージ画像
    材料

    プラスチック、合金

    メリット

    保険適用のため、費用が抑えられる

    デメリット

    ・熱伝導率が低く味覚が低下する
    ・においや汚れが吸着しやすい
    ・経年劣化しやすい
    ・他の治療に比べて早い期間で作り替えが必要になる

  • 自由診療の入れ歯イメージ画像
    材料

    ゴールドやチタンなど様々あります。
    金属を使用しないで作れるものもあります。

    メリット

    ・床に熱伝導率の高い素材を使用することで食事が美味しくなる
    ・口にフィットしやすく違和感が少ない
    ・見た目が気にならない

    デメリット

    保険適用外のため費用の負担が大きくなる

超精密義歯「BPSデンチャー」
イメージ画像

BPSデンチャーシステムはヨーロッパのイボクラール ビバデント社開発の入れ歯製作技術で、今や世界のスタンダードと言っても過言ではありません。
今までの義歯とは製作過程からまったく異なるフルオーダーメイドです。歯科技工士の立ち会いのもと、お口の状態をチェックし、顎や筋肉の動き、噛み合わせや発音、笑顔のバランスなどを確認しながら製作していきます。
今までの義歯と大きく異なるのは、食べ物を噛んだ時の義歯の位置と力を完全に再現して製作できるということです。
伏見リーフ歯科ではイボクラール ビバデント社の公認資格を持った歯科医師が治療にあたります。

02ブリッジ

イメージ画像

歯を抜いた部分の両隣の歯を削って土台にして、橋をかけるように人工の歯を入れて抜歯した部分を補う治療のことです。
抜歯した部分を1本と数えるのではなく、両隣の歯(支えとなる歯)も含めた本数で決定します。
そのため、抜歯した部分1本に対して支えが2本なので、ブリッジの治療は最低でも3本からとなります。 抜歯した箇所によっては、さらに多くなる可能性があります。また、ブリッジをかけられない場合は、入れ歯やインプラントになる可能性もあります。

  • 保険のブリッジイメージ画像
    材料

    プラスチック、合金

    メリット

    保険適用のため、費用が抑えられる

    デメリット

    ・熱伝導率が低く味覚が低下する
    ・においや汚れが吸着しやすい
    ・経年劣化するため他の治療に比べて早い期間で作り替えが必要になる

  • 自由診療のブリッジイメージ画像
    材料

    ゴールド、セラミック など

    メリット

    ・入れ歯やインプラントに比べて治療期間が短い
    ・動きにくく、咬みやすい
    ・見た目が気にならない

    デメリット

    保険適用外のため費用の負担が大きくなる

03インプラント

イメージ画像

インプラントは「第二の永久歯」とも呼ばれる、審美性・機能性の高い人工歯です。
歯を失った部分にインプラントを埋入して、その上に人工歯を装着することで、外れない動かない義歯を実現できます。

メリット
最大のメリットは、天然の歯と同じようにお使いいただける点にあります。
動く・外れることがなく、味覚も低下せず、見た目も綺麗です。また、周りの健康な歯に負担をかけることもありません。
デメリット
治療期間が比較的長期(4ヶ月~12ヶ月)になる点や、保険適用外のため、他の治療法にくらべて高額になります。
*ただし、治療費や治療期間は一過性のものです。総合的に見ると保険診療で治療を受けたときよりも少ない費用で済むこともあります。
骨造成治療も行っています
イメージ画像

骨の厚みや量が足りない、持病をお持ちであるためなど、様々な理由で、他医院では治療ができないと断られてしまった患者様も、諦める前に当院へ一度ご相談ください。
伏見リーフ歯科クリニックでは、骨量に問題のある患者様に対しては骨造成治療を行い、インプラント治療を可能にしています。安全に行える治療を確立するため、慎重に診断を行い、治療計画をご提案いたします。
また、他医院でインプラントを経験されたことがあり、リカバリー治療を必要とされる方にも対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

治療の比較

Comparison
入れ歯 ブリッジ インプラント
イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像
見た目 お口の中で目立つことがあります。 使用する素材により、見た目が異なります。 本物の歯との差はほとんどありません。
噛みやすさ 本物の歯の約1/3の力で噛むことができます。 本物の歯とほぼ同じ力で噛むことができます。
土台の歯が弱まると噛む力は弱まります。
本物の歯とほぼ同じ力で噛むことができます。
違和感 食事や会話の時に動く、取れることがあります。熱が伝わりにくいです。 装着部に隙間ができるため、違和感を感じることがあります。 顎に固定されているため、動く、違和感を感じることはほとんどありません。
他の歯への負担 バネをかけた歯が削られる、弱くなることがあります。 ブリッジを固定するために削った歯に負担がかかります。 他の歯に負担をかけることはほとんどありません。
耐久性 定期的に調整、作り替えが必要です。 定期的な調整が必要です。 定期的な調整が必要です。
費用 保険適用~自由診療まで様々な種類があります。保険適用の場合は安価です。 保険適用~自由診療まで様々な種類があります。保険適用の場合は安価です。 自由診療のみになります。他の治療に比べると高額です。
PAGETOP